アレクサンダーテクニークとは?

1868年オーストラリア、タスマニア出身のFMアレクサンダー氏の発見により始まった。

  それは、心(精神)と身体への具体的な教育方法の事である。

  FM氏は20代の始めに俳優であり、その美貌からも有名人だった。ある時期、

舞台で声が出なくなるという「事件」が起こる。

医者にかかるが医者の提案に納得できず、自分で改善することを決める。

三面鏡を使い、自分の動きを観察し試行錯誤を繰り返し9年かけて完治。

それは大変シンプルなことだったが簡単ではなかった。

 

 

なぜならそれは誰もが持つ「習慣」が大きく影響して起きたことだったからである。


 FM氏の「事件」は誰にも起きる刺激への反応によるものである。

彼は断言する。レッスンを受ければ、誰もが心身の「反応」を理解でき改善できる。

彼は「呼吸の専門家」として多くの俳優へ指導した後、1906年ロンドンへ渡り、

彼の発見を広める。(FMのレッスンを受けた俳優には結核の患者が大勢おり、

レッスンを受けた俳優達は結核を完治。それを医者が認めた。

彼は医者にも勧められて渡英したのだった。)

 

 ロンドンでは、俳優だけでなく医者、科学者、教育者の心身における

様々な症状を改善し脚光を浴びた。その後北米やヨーロッパ諸国へ広まる。

教育学哲学者ジョン・デュ−イ、作家バーナード・ショー、オルダス・ハクスリー

動物行動学者ティンバーゲン(ノーベル賞授賞式講演でFMのワークを解説)

また戦後の音楽家、ポール・マッカートニー、スティング等にも普及。

 1955年、彼の没後「アレクサンダーの発見」は「アレクサンダーテクニーク」と

呼ばれ現在に至る。FM氏は著作"THE USE OF THE SELF”の中で明記している。

         「自分の発見は心理学や哲学ではなく、

       科学的根拠に基づく具体的な事実である。

   年齢や個性に関わらず教育的指導により

             ほとんどの病気を予防でき、

               不愉快な症状を変えることができる」

LINKS:

悩み多き10代が通っています。

​ゆっくり個人レッスン

© 2023 by HARMONY. Proudly created with Wix.com